車一括査定を比較!売却に失敗しないランキングを紹介!

車の売却で「車買取」と「車下取り」はどちらが有利?

2017年01月27日 19時32分

車の売る方法に「下取り」、「買取」という2種類があることは
ご存知でしょうか?

下取り」も「買取」も車を売却することには変わりありませんが
どちらが有利なのか気になるところですよね!

今回は、どちらが有利になるのかを順を追ってお話しします!

まず、「下取り」と「買取」の違いをカンタンにご説明しましょう!


「車下取り」と「車買取」の違い


l_e_others_70.png下取り
車を買い替えようとしている人が、
乗っていた車をディーラーに買い取ってもらい、
そのお金を次の購入資金の一部に充当すること。
実際に売却代金を受け取ることはなく、
そのまま次の車の購入に充てることになります。



l_e_others_70.png買取
車の買取価格を査定してもらい、
買い取り金額を実際に受け取ること。
取引が終わったあとに、現金が発生することになります。


 

「車下取り」と「車買取」どちらが有利か

結論から言うと、あなたが何を優先するかで
どちらが有利かは違ってきます!
基本的には以下で覚えておいてください。


多少手間をかけても、売却金額が高い方が良ければ、「買取」

売却金額が安くても、手間をかけたくなければ、「下取り」


 

「車買取」の方が良いケース

売却金額が高い方を優先するのであれば、
買取を選んだ方がいいでしょう。

下取りは業者からみると、複数の車買取業者の競争する力が働かないので、
安い値段で下取りされてしまうケースが多いのです!


買取の場合は、査定時点で競合がいることが多いので、
高く価格を設定する場合が多いです。
なので、買取の方が高く売れる可能性が高いのです!

 

「車下取り」の方が良いケース

売却金額関係なく、手間を優先するのであれば
下取りの方がいいでしょう。

ディーラーが、車売却から購入までを全て一貫して
やってくれる
ので、買取よりも手間は省くことができます!


 

「車下取り」と「車買取」平均の金額差

「車買取」と「下取り」の価格差ですが、
買取大手のズバットが過去の実績から平均値を出しています。

「車買取」の方が「下取り」よりも平均で16万円高く売れるというデータがあるそうです!

平均でこの数字なので、けっこうな違いがあることがわかりますね!

 

「車下取り」と「車買取」どちらが有利かのまとめ

買取」と「下取り」はケースバイケースですが、
売却価格という面では「買取」が有利。
手間という面では、「下取り」が有利。

こういう形で覚えておくといいと思います!
買取の場合は、一括査定をして複数の車買取業者を比較することも忘れないようにしてくださいね!

車査定ランキングトップに戻る

 
pp_rank1_1.jpg

 
pp_rank1_1.jpg